株式会社コンシェルジュ

MESSAGE

代表者メッセージ

社員・その家族の幸せを追求する会社を創りたい

2015年秋のことです。渋谷からの帰り道、私はずっと考えていました。

きっかけは共同創業者となる白倉が一緒に創業するにあたり、会社株式の持分を等分、つまり50%:50%としたいと言ったことでした。

代表は私が務めることになっていたので、当然のように私の持分が多いものだとそれまで思っていたのです。しかし、私一人では何もできません。技術を持った彼の力が間違いなく必要だと思いました。

その時にずっと考えていたのは、「なぜ私は会社を興したいのだろう」ということでした。

お金が欲しいから?有名になりたいから?そういう思いはあまりしっくりきませんでした。

そこで気づいたのです。私は、彼に幸せになってもらいたい、そういう思いで会社を興すんだと強く感じたのです。

安定した環境を捨て、何もないところから一緒にリスクを取って船を漕いでくれる仲間、その仲間の幸せが自分の幸せなんだとその時心から感じたのです。そして白倉とは会社株式の持分を等分で創業することになりました。

当時の思いは今ますます強くなっています。関わってくれる社員が増えるにつれ、経営者の責任は重みを増し、会社の社員・その家族の幸せが自分の幸せであると常々感じています。

我々は対話の自動化を通じて世の中の人に喜んでもらうべく、自社製品を開発しています。

一流の製品を開発することは、そう簡単にはできません。日本のものづくりと同じく、1ミリも妥協を許さず、改善を繰り返す、そういった思いで日々努力する、その積み重ねでしかないのです。

素晴らしい製品を作り、それをお客様に提供し感謝される、喜んでいただく。この蓄積が社員・その家族の幸せにつながると信じています。

そのためには、

・誰よりも高い山に登るという目標を持つ

・誰よりも努力する

シンプルにこの2点を常に頭に入れて仕事に打ち込まなければなりません。

そうすることで、自らの心を高め、自らの成長を感じ、幸せを感じる、仕事とはそういうものだと思っています。

素晴らしい製品を世の中に産み出し、社員・その家族の幸せを追求するとともに、社会・技術の進歩に貢献する、そんな会社でありたいと考えております。

株式会社コンシェルジュ

代表取締役CEO

太田 匠吾